Fate/GrandOrder|アーチャー| ロビンフッド

Fate/GrandOrder|アーチャー|ロビンフッド
アーチャ―(Fate/EXTRA)とは、Fate/EXTRAシリーズに登場するサーヴァントである。

プロフィール

クラス アーチャー
真名 ロビンフッド
性別 男性
身長 175cm
体重 65kg
属性 中立・善・人
出典 史実
地域 イギリス、シャーウッド
イメージカラー 草色
特技 農耕、調理
好きな物 ナンパ
苦手な物 騎士道、建前、いじけた女
天敵 キャス狐
CV 鳥海浩輔

『Fate/EXTRA』及び『Fate/EXTRA-CCC』に登場する敵側のアーチャーのサーヴァント。
マスターはダン・ブラックモア。『EXTRA』第2回戦での対戦者となる。

公式での通称は「緑衣のアーチャー」。
ファンからは主人公側のアーチャーと区別するため「緑茶」と呼ばれており、後に公式愛称となった。
Fateシリーズ初の弓を主武器として使うアーチャーである。

マスターであるダン卿の指示を無視して主人公へ数々のトラップや奇襲を仕掛け、毒により命をも危うくした。結果、令呪によりモラトリアム期間での宝具の使用を禁じられる事に。
ダン卿とは再三にわたり戦闘方針の違いから衝突するも、内心では彼の騎士道を重んじる人柄に憧れ、敬意を抱いていた。最期はその旨と感謝の意をマスターに伝え消滅する。

Fate/EXTRA CCC

BBによって消滅の寸前に月の裏側に呼ばれ使役されているが、半ばいやいや従っている。またBB自身も彼のことをあまりよく思っていないため、基本玩具のように扱われている。彼女曰くアーチャーはマダオ(おそらくまるでダメなお兄さんの略)らしい。
一億ダメージを超えるビームで殺されたり、突然発生した大穴に飲みこまれてその後折檻されたり、ミドチャ呼ばわりされたり、パッションリップに宝具が使えないと言われたり、あまりにもあんまりな扱いを受けている。

しかし、前作でマスターだったダン卿に対する忠誠は消えておらず、彼に対する敬意からBBに離反する。彼と戦う時の戦闘ボイスは必聴である。
CCCルートではBBの能力だけではなく、彼女の真意に関する秘密に辿り着けた。

前作でも持っていた『顔のない王』は、たとえ切れ端でも誰でも使える光学及び熱迷彩機能を持った超便利隠蔽用の宝具として、ストーリー中で使用された。
ストーリー中で彼と決戦する際、とある理由によりアイテムが使えない状況になっているので、祈りの弓(笑)とか言っていると足を掬われかねない。

ノリの軽い性格のように見えるが、毒を用いたり、禁じられている学園内でのマスターの暗殺を独断で行うなど、勝利のために手段を選ばないシビアな一面を持つ。
その方針は、正々堂々とした戦いを求めるマスターのダン・ブラックモアとは対立しているが、内心は互いを信頼し合っている。
「自分から卑怯を取ったらハンサムな顔しか残らない」と自嘲しているが、その言とは裏腹にステータスは安定して高め。キャス狐のセリフからすると美形なのは事実らしい。

世を拗ねた視点、物言いと何であれ「そんなもんですか」と流す事なかれ主義のせいで生前から嫌われ者だったが、本質的に人間好き。楽しそうな団らんがあればその端っこにひょっこり仲間入りし、最終的に友人ではないが他人でもない、というポジションに落ち着く。
また根底に自身の戦い方や生き方の卑しさを恥じ入る後ろめたさとコンプレックスがあるため、決して他人の努力、徒労を嘲笑う事だけはしない。

基本的にお人よしで面倒見がいいため、ひとたび気に入られれば陰ながら(気付かれないよう)サポートするお節介焼き。サンタオルタやBB曰く「あざとい」。