Fate/GrandOrder|アーチャー|ギルガメッシュ(Fate)

Fate/GrandOrder|アーチャー|ギルガメッシュ(Fate)
ギルガメッシュ(Fate)とは、『Fateシリーズ』に登場するサーヴァント。

プロフィール

真名 ギルガメッシュ
身長 182cm
体重 68kg
出典 メソポタミア神話(ギルガメッシュ叙事詩)
地域 バビロニア、ウルク
属性 混沌・善
イメージカラー 金
特技 お金持ち
好きなもの 自分、権力
苦手なもの 自分、蛇
天敵 アーチャー
テーマ曲 黄金の王、cosmic air
CV 関智一 / 遠藤綾(幼年体=子ギル)

騎士のような見た目ではあるが、実はアーチャークラスのサーヴァント。黄金の甲冑を纏い、全てを見下した態度の男性。
戦闘能力が規格外であり、剣や槍などを人並み以上に扱える為、セイバーやランサーといったクラスとしても召喚可能な英霊だが、異空間から剣などの武器を射出する宝具による遠距離攻撃の手段を持つことから、アーチャーのクラスとして召喚されている。
第五次ではイレギュラーな存在のため、正体発覚後はクラス名ではなく真名で呼ばれる事が多い。

聖杯に対する興味は全く無いが、聖杯戦争への参加回数は全サーヴァント中最多。『Fate/EXTRA』と『Fate/Apocrypha』以外には全て参戦しており、しかも『Fate/EXTRAシリーズ』は続編である『CCC』にて召喚されるもそのスペックから月の裏側へと封印されていた事が判明したので、事実上「ルーマニアの聖杯大戦」(Apocrypha)以外は全て参戦している事になる。
なお、『Fate/Prototype』関連は世界観が異なるため、こちらは同名の別人が登場している。

傲岸不遜で唯我独尊、おまけに傍若無人。自らを「唯一無二の王」と称してはばからない。極めて好戦的かつ残忍な人物で、目障りになれば自分のマスターでも平然と殺す。イリヤの目を抉ってから殺したり、自分より弱い相手を嬲ることを好み、他者の不幸を喜ぶなど凶行を繰り返し、サーヴァント中屈指の危険人物として知られる。ただし、年端もいかない子供・人工的に創られた生命・価値があると判断した者には、彼なりの慈悲を見せたり寛大な態度で接している。
性格と高すぎる能力が常時の慢心と油断を生み、格下相手に不覚を取ることが多々あるため「慢心王」とも評される。その点に関してはこの記事冒頭にある開き直り発言から分かるように、完全に治す気ゼロな模様。

ちなみに幼いころは今と違い、別人かと思われるほどの好少年であった(ランサー曰く「サルから人類以上の進化」)。

真面目に聖杯戦争に取り組めば一夜で終わらせるだけの実力があるが、「たかが願望機ごときに本気になるのは王の沽券にかかわる」ということで、聖杯そのものには全く興味がない。言峰やセイバーといった、聖杯戦争の参加者にこそ興味を持つ。

第四次聖杯戦争の際の聖杯問答でセイバーを道化と嘲笑うも、生涯唯一の朋友エルキドゥを思わせた彼女に強い興味を持ち、その後幾度となく求婚している。その度に拒絶されているのだが、諦めるつもりはない様子。
性格としては第五次のような危険人物だという印象が強いが、これは人に優しくなった現在の世界に対して不機嫌であるため。ムーンセルでの聖杯戦争では、「選ばれた者だけがしのぎを削る場」なので特に不機嫌になる要素は無いため、機嫌が良く性格も生前に近い。

ちなみに、一人称は「我」と書いて「オレ」と読む。他にも「王気(オーラ)」など独特なルビを使いこなす。
彼が認めた英霊はセイバーやイスカンダル、そしてカルナくらいである。

好きな女性のタイプは「崇高な処女(おとめ)」。
CCCでは明確に「金髪碧眼の美少女」と言っているが、微妙に世界線が異なるため、SN準拠のギルガメッシュにそのままあてはめられるかは疑念の余地がある。