Fate/Grand Order|セイバー|鈴鹿御前

Fate/Grand Order|セイバー|鈴鹿御前
セイバー(FoxTail)とは、漫画作品『Fate/EXTRA-CCC FoxTail』に登場するサーヴァントである。

プロフィール

真名 鈴鹿御前
時代 平安時代
地域 日本
出典 鈴鹿の草子、田村三代記等
身長 161cm
体重 51kg
属性 中立・悪
好きなもの 恋愛関係(素敵なカレシ・デート・恋バナetc)
嫌いなもの 自分の恋やカレシを侮辱される事
CV 東山奈央

『Fate/EXTRA CCC FoxTail』に登場する、セイバーのサーヴァント。
別名「JKセイバー」。マスターは坂神一人。

制服に携帯電話、鞄を携えた女子高生風の少女。戦闘時は白拍子風のミニスカ装束に烏帽子を纏う。

BBの依頼で、マスターである坂神一人と共にマスター達やNPCを殺戮する謎のサーヴァント。本編第1話時点で言峰綺礼や臥藤門司、殺生院キアラとアンデルセンを殺害している。

サクラ迷宮第7階層~第9階層の迷宮衛士も兼任しており、第7階層にやってきた岸波白野にも襲い掛かるが、彼のサーヴァントであるキャスターに阻まれ、剣戟と共に互いにマスターとの惚気話(捏造あり)、相手の恋愛観の批判と激しい女の戦いを繰り広げる。

後に、間桐シンジやカルナ達が味方になった際には彼らと共に「黒の生徒会」を結成、自分は風紀委員を担当することに。

衣装は女子高生の制服に和服を混ぜ合わせたかの様な独特なもので、出会った当初の白野はサーヴァントと認識できず、キャスターからは「コスプレですかねぇ」と評されている。更にキャスターの獣耳を見て、一人の反応を分析した結果、新たに狐耳と尻尾を生やした(一人は当然そんなサービスは求めていない)。当然、キャスターは自分のアイデンティティをパクられたため激怒している。ちなみに、FGOのマイルーム会話にて鈴鹿の方もキャスターとのキャラ被りに怒るセリフがある。

この独特のセンスは彼女が担当している迷宮の内装にも表れており、第9階層には「日本風の巨大な城に観覧車がくっついている建物」が鎮座している。

喋り方も見た目同様に軽くて明るい若者風で、悪く言うと軽薄。
だが、相手のマスターを狙う合理性と冷徹な思考、敵の戦術を分析する洞察力も同時に併せ持つ。

また、惚れた相手に献身的に尽くす一途な一面も持ち合わせており、生前の逸話(後述)や現在のマスターである一人への接し方にその一端が垣間見える。料理も得意で、劇中で一人に手作り弁当を振る舞っている。

実際には彼女のわがままで短絡的なギャルギャルしたJK風の振る舞いは演技。
本来の性格は真逆で、思慮深く話が分かる凛とした姫。
冷酷ではあるが、自らの役割や責務に生真面目で誇り高い・・・が、それ故に「鬼の娘」という自身の悪逆属性のこともはっきり自覚しており、時折凹んで自家中毒っぽくちょっと影にこもりがち。
総評するとその性格は才色兼備だが影もあるアンニュイなクラス委員長。

もしかしたら真逆の性格である「JK」を「本気」で演じるのは、「自分を変えたいが故」、或いは「悩むことなく明るくわがままに生きるJKに対し憧れるが故」なのかもしれない。